FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

わらしべ長者方式で、コスタリカの超レア『オーガニックカカオニブ』来た!

0   0

コスタリカの超レア『カカオニブ』来た!
やぁ、嬉しいです。カカオニブって、健康に
いいスーパーフードで最近人気。高いんですよ。
入手した方法は…もちろん、わらしべ長者方式!
 

わらしべ長者方式で、コスタリカの超レア『オーガニックカカオニブ』来た! 

コスタリカのカカオ豆でかいな!
写真左側がコスタリカ、右の3つがどこかの
健康食品店で仕入れたカカオニブ。 
 
カカオポリフェノールが抗酸化作用があるとか、
繊維が豊富で、デトックスにいいとか、
まあ調べれば色々出てくると思うんですけど、
 
個人的に、カカオにはある役割を期待して、
特に夏になると、結構『常食』しています。
 
今は、北半球は冬なので、カカオといっても、
夜食にチョコレートを夫婦でつまんだり、
朝ご飯がわりにホットココアを飲む程度です。
 
だけど、だけど、だけどです、
南半球は今ホットな夏なので、そろそろ準備?
しておこっかなーって思っているところです。
 
はい、私がカカオのここが最高に素晴らしいと
思っていることを、ジャーン、公表します!
 
それは…
 
日焼け止めクリーム代わりになるということです!
 
私は、あの日焼け止めクリームというものが嫌いで、
ベタベタするし、顔を洗ってもシャンと落ちて
くれないし、何よりも荷物が増える!
 
なんちゃってナチュラリストを自称する自然派の
私としては、シャンプーすらしません。この1年
髪は水洗いオンリー。リンスもなし。洗顔もなし。
 
つまり、旅行時に荷物といったら、歯ブラシと塩。
あとは、スマホと現金、バックパック。鉛筆と紙。
これさえあれば、まあしのげます。あと必要なもの
も多々ありますが、現地の人たちと仲良くしてたら
なんとでもなります。
 
で、日焼け止めクリームの話に戻ると、私は以前
2001年から2006年までアルゼンチンと
日本を行ったり来たりしていました。運悪く?
日本に一時帰国する時期が夏で、アルゼンチンに
戻るのが向こうの夏でというのを2年くり返した
ことがあり、冬を体験せず過ごしたことがあります。
 
すると、日本にいれば、夏にさんざん日焼けして
傷つきまくった真っ黒な肌が、冬にはなんとか
回復して白くなるというパターンだったのですが、
 
さすがに2年連続冬の回復期なしで過ごすと、肌が
回復しないまま連続4夏という羽目になり、自信の
あった肌の調子も最悪、ガッサガサとなりました。
  
それでも、日焼け止めはなんか格好悪い! 
キモい、匂いが嫌! 
 
と、受け付けません。紫外線が肌に良くないのも
認識してますが、人間が地球に生きている以上、
別にこの環境で生きられるんじゃないの? 
あまりマーケティング戦略に踊らされすぎるのも
どうだろうか? とも心のどこかで思っています。
  
紫外線に負けない肌作り。
 
そんなことを意識してきました。
しかし、肌だけじゃなく、体のあちこちに衰えが
見えてくる40代。
 
これでも、某島根の温泉地に遊びに行ったら
「中学生が、学校休んで遊びに来たの?」
と注意されたこともあるくらい、まあ見た目の
若さには、多少自信があるのですが…。
  
本心は、気になっています。
 
やっぱり日焼け止めクリームはした方がいんだろうか。
でも、やだな。そんなものにお金を使うのは解せん。
 
で、そんな時、とある情報筋から聞いた話。
 
カカオは天然の『日焼け止めクリーム』だということ。
カカオが栽培されるような暑い国の人たちは、
太陽の強い日差しに耐性があるという話もあります。
 
そのメカニズムが、メラニン色素にあるらしいです。
紫外線を浴びると、活性酸素が発生するのですが、
それを抑えるために、メラニン色素を生成して光を
遮るという仕組みです。ここにカカオの物質が何か
関係しているんだとか。詳しい話は忘れましたけど、
要は、すぐには対応できないらしいので、熱帯の国
に行く前には、計画的にカカオを摂取すると良い、
ということだけ記憶しています。
 
少し話がずれますが、私は、目が太陽の光に弱くて
(多分月が8つ見えるせい、光が他の人よりも多く
 入ってきていてより眩しく感じていると思われる…)
サングラスをしてないと、本当にしんどかったのですが
対処療法でごまかすより、裸眼を鍛えた方がいいと考え、
3年前からサングラスをやめることにしました。
 
眩しいのは、眩しいですし、眉間にシワがよって
見た目が怖くなるしで、嫌な気持ちもあるのですが、
根本から目を良くしたいという気持ちが勝ちです。
 
でも時間をかけて、この地球はこういう状況だから、
それに合わせた体に自分自身を適合させていこう
という意識で地球に合わせた『体作り』をしています。
 
おかげさまで、眉間のシワは、多少犠牲にしましたが、
よく失くしていたサングラスを度々買うためのお金を
無駄にすることも一切なくなりました。
 
もちろん、旅行をする時、ドライブをする時、何も
持たなくていいのでとても身軽です。海外で盗難や
紛失を心配する必要もありません。
なんて気が楽でしょうか! ストレスフリーです。
 
ということで、日焼け止め対策も同じくです。
 
出来るだけ、自分の体を地球に合わせる努力に
お金をかけたいと思っています。
ということで、カカオ。 
 
それも今回はレアなコスタリカのオーガニックカカオ
が手に入りましたので、最高です!
 
今からちょっとずつカカオでメラニン色素の生成を
サポートして、暑い南国対策をしていこうと思います。
 
今年は、家族を連れて中南米へ行きたいんで。
 
ちなみに、手っ取り早い方法を使うと
U$S1300あれば世界一周できちゃいます! 意外と安い。
(世界一周をしようと思ったら、普通は30万円はかかる)
この方法を知りたい人がいたら、情報料として3万くれたら
教えてあげるんだけどなー。
 
同じ30万で世界2周できるし、夫婦で世界一周できる!
  
えげつないかな? いや、世界を旅したいと思っている
人には絶対お得な情報だから、迷ったら今すぐとりあえず
メッセージくださいな、お気楽にどーぞ!
 
今まで世界を軽く5周以上は飛んできたと思うんで、
『旅』に関しては、研究したほうですんで色々ネタを
持ってます。今年は惜しみなく公開していきますから!
お楽しみに!
 
子安貝よりもカカオニブの方が断然嬉しい(白川静文字学に学ぶ漢字成り立ちブック)    
 
PS
ちょうどトイレで「白川静文字学に学ぶ漢字の成り立ち
ブック1年生」を読んでいたら『貝』の字が…。
 
昔は子安貝がお金だったからだよ、っていうことですが、
まあ、そうも見えなくもないですけど。
 
昔は『カカオ』がお金だったというコスタリカ、
『子安貝』を集めるよりも『カカオ』のほうが
断然、嬉しいと思うのは、私だけでしょうか?
 
いただきものの生カリンを横流ししたら、カリン飴に
化けて返ってきて、さらにカリン飴をおすそ分けしたら、
私が超価値を感じているカカオになった。もちろん、
カリン飴を作ってくれた人にもあげて、喜んでもらう!
  
経済が回るのってこれだから、最高に面白い!
人の欲、そしてマッチングってことだなー。
 
  
(わらしべ長者になる方法:参考記事) 
https://www.facebook.com/tacaquito/posts/2322854621081020
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/684-d3f0ed87
該当の記事は見つかりませんでした。