FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

キューピーでお馴染みロメインレタスは寒さに弱いらしい

0   0

サラダを主食にするほど、サラダ好きなのですが、
数日前、サラダに使う野菜を『洗いたくない』
深層心理があることに気づいてしまいました。
 
だって、レタスやキャベツや玉ねぎを
洗ったり、水にさらしたりすると、
ビショビショになるじゃないですか!
 

 
ルッコラと醤油ニンニクサラダが水でビショビショ 
(例→ルッコラサラダが水っぽくなった写真)
 
そうすると、ドレッシングの味が薄まります。
ドレッシングといっても、
ふだんはオリーブオイル(ルーチョのパンタレオ)と
塩、または香草工房のハーブソルトという
シンプルなものをかけてガッつきます!
 
以前は、レモンやビネガーを使っていましたが、
イタリアはシチリア出身で
パンタレオというブランドのオイルを作って
金賞とりまくりのルーチョが、
 
「シチリアではオリーブオイルと塩しかかけない」
 
というので、それ以来、
サラダにレモンをかけるのをやめて
オリーブオイルと野菜の素朴でリッチな
味わいを楽しむことに方針を変えました。 
 
ルーチョと「キラキラサラダ」

https://youtu.be/W1G_5UQ5sbU
(2016年の動画だけど)  
 
が、それでも完璧なサラダにならない!
一体全体、何が問題なのか?
 
お皿に山盛りのサラダを食べ進んでいると、
サラダボールの底の方に溜まっている
高貴なオリーブオイルに
野菜を洗った時についた水が
オイルの上でぷか〜と浮んでいるのを見ると
なんか許せないんですよね〜。
 
「野菜を洗ったら、
 しっかり水切りしたらいいじゃないか!」
 
と突っ込まれることは十分承知なのですが
 
それでも、
めんどくさいじゃないですか?
   
私は皿洗いは嫌いではないので、
水切りマシンを使うことが
億劫なわけでもないです、実は。 
 
ただ、ものが増えるとイライラします。
できるだけシンプルライフを心がけています。
 
特に狭い台所で、収納場所を探しあって、
ガチャガチャせめぎあってる
台所用品の山を見るのが好きではありません。
 
それで、
 
無類のサラダ好きだけど、
野菜の水切り器はあえて使わずに、
 
野菜の束を手で持って、
大きく縦に何振りもして水を切るのですが…
 
ときたま、野菜が飛んでいったり、
流しの壁面に水が散ってしまったり、
 
でも結局、水分が取りきれてないわけで、
少し水っ気のあるサラダで我慢してきました。
 
で、たまたまこの前、
国産人参のすりおろしドレッシングを
もらったので、それをかけて
白菜のサラダを食べようと思いたち…
  
ただのズボラなんですけど、
 
「ま、少々洗わんでもいいか。
 死なんし!」
 
そう思って、1/2カットされた白菜を
頭の方から包丁でザクザク千切りにカット…
 
白菜をカットする時に、
葉っぱをじっくり見ていると、
まあ、多少汚れとかあるのが目に付きます。
 
「やっぱり洗おうかな?」
「でも、こんなにみじん切りになった
 白菜をどうやって洗えっつうんだ?」
 
キャベツの千切り風になった白菜を見て、
悩んでいました。
 
で、結論は…
 
「ま、いいか! このまま食べてやれ。」
 
で、その結果…
 
「洗わん白菜のサラダ、うまいじゃん!」
 
無洗野菜を食べられる豊かな食卓 

洗わずに食べる千切り白菜のサラダ…
これはやってみて欲しいんですけど、
水気の残るものと比べてかなり劇的に違います。
 
何がいいって?
 
▶︎ドレッシングとよくからみ合う〜
(水気がドレッシングをはじかない) 
 
▶︎歯ごたえが、サラダ!
(野菜の触感をダイレクトに口がキャッチします)
 
▶︎多分洗わないことで、ビタミン類がバッチリ残っている
 
▶︎水切り器を出したり、洗ったりしなくても済む
 
▶︎サラダが水っぽくない! ←これがうまい
 
うちの子も、あんまり野菜を食べませんから
野菜嫌いな人がたくさんいるのも知ってますが、
野菜も『食べ方』かなと思ったりしました。
 
全然違うんで。
 
そもそも、このご時世、
洗ってなくても安心して食べられる野菜を
どこでゲットするかというところが
ハードルが高いかもしれません。
 
空気がきれい!
水(雨)がきれい!
土がきれい!
農薬がかかっていない!
それでも、虫がいない(糞がない)!
新鮮でみずみずしい!
 
この前提が絶対条件かと思いますし。
 
夏は虫の活動が活発で、葉物は難があるんですけど、
秋口から「霜」が「農薬」代わりをしてくれて、
虫の存在が自然に消えていきます。(寒い)
 
つまり、今の時期が旬の白菜が狙い目!
 
おまけに霜や雪にあたった白菜は
自分の体を凍結から守るために、
体内のデンプンを糖分に変えますんで、
さらに甘みが増してうまいのです。
 
正直、ドレッシングすらいらないレベルです。
パクパク、ムシャムシャ。
 
それでも、洗ってない生の野菜を食べるなんて、
まるで「虫」じゃないか!
 
あなたは虫になりきって「無洗野菜」を
食べるのに正直抵抗があるかもしれません。
 
それなら「炒めるサラダ」はどうでしょう?
  
今日、妻がショッピング袋にいっぱいの
「ロメインレタス」なるものを
ある生産者さんからいただいてきました。
  
なんと、ある会議の後「出待ち」されたそうです。
 
「ここにいたら来ると思ったから…。
 持ってきたよ!」
 
この村の人の「情報キャッチ力」凄まじいです!
そういって渡された盛り盛りのレタス、
あのかの有名なマヨネーズの会社が
CMで使ってるやつです。
 
ほほう、どんな風にして食べるのだろう?
 
キューピーのサイトに行くと、
ロメインレタス特集まであります!
 
サラダはもちろん炒め物でもたのしめる。
ロメインレタスをたっぷりたのしむメニューが
12レシピ、紹介されています!
https://www.kewpie.co.jp/recipes/feature/48
   
レシピ例:
・シーチキンとロメインレタスのベジボウル
・ロメインレタスと鶏ささみのマヨソテー
・ベーコンとロメインレタスのチョップドサラダ
 
ロメインレタスはまだ未体験ですが、
レタスって炒めると、マジ美味しいんで
やってみてください。
 
さっそく我が家でも食卓に上がると思います。
 
 
ロメインレタスは寒いのは苦手なようです 
PS。
うちでも実はロメインサラダ
(別の人から苗もらったんで)
植えてみたんですけど全然大きくなりません。
 
10月14日からまるまる2ヶ月育てていて、
もらったときの苗のサイズとほぼ変わらず…
 
標高650mの寒さは苦手なようです〜。
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/669-a49d1afc
該当の記事は見つかりませんでした。