FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

MF407(旅するニンニク)【1日3分! 自宅でマイクロ農業】

0   0

10個のニンニクで始まったマイクロ業ライフ

約4週間に渡りお届けしてきたMF101-407の

ミニレッスンを終了します。

  

で、最後にお話ししようと思って

書きためていた渾身の思いをつづった

原稿が全部消えてしまってました。

 

ショックですよー。

 

なぜ私がニンニク栽培をお勧めしたのか、

その向こうにはどんなメッセージがあったのか、

日本総マイクロ業を浸透させて

本当に狙っていたビジョンはなんだったのか?

   

あとはコピペして送信っていう

段階だったのに。

 

気持ちを切り替えるしかありません。

 

最後の締めの言葉は、別途差し上げる予定だった

マイクロ業読本(PDF)に書き綴りたいと思います。

 

マイクロ業読本(PDFレポート)を希望される方は、

その旨、メールにておしらせください。

要らないものを送りつける趣味はないので。

 

ご希望があれば、自己申告制とさせてください。

inakaoyako@gmail.comまで。

 

そのとき、101-407のミニ講義についての感想、

ニンニク栽培についての感想や思い出、

あなたが持ってるニンニクレシピなど、

あなたが思いつくなんでもいいので、

コメントも寄せてくれると、涙を流して喜びます。

 

その証拠に、感謝の気持ちも込めて

「発芽ニンニクのスライス(ドライ)」

のサンプルを差し上げます。

 

これはこの4週間の間に、

私が開発にたどりついたもので、

まだまだ試作段階です。

 

どのくらいの量がいいのかな、

味はどうかな?

どんなレシピに使えるかな?

 

いろいろとユーザーの気持ちやニーズを

知りたいというドライテストでもあるので、

遠慮なく受け取ってください。

感想は教えてもらえるとうれしいです。

   

 

MF407(旅するニンニク)【1日3分! 自宅でマイクロ農業】 

  

- - - -

旅する野菜

- - - -

 

私は以前野菜の流通促進に係る仕事をしていました。

この村の源流野菜を、村外のお客様の元へ届けるために

あの手、この手を打って、営業して回りました。

 

百貨店の地下で一日中売り子をしたり、

大通りで声を上げて、

試食販売を呼びかけたりしていました。

休日返上で、イベント販売に出向きました。

 

納品先から、返品されたサイズがちょっと大きな

インゲンを持て余し、岡山の街中で通りすがりの

道行く人を捕まえて「1kgもの規格外インゲン」を

1500円で売りつけたこともあります。

 

搬送途中にイチゴの箱がズレて潰れてしまい、

売りものにならなくなったときもありました。

知り合いのジュース屋さんに駆け込んで、

買い取ってもらったことも思い出です。

  

1円でも生産者の収入になればと思って必死でした。

 

まだ規模が小さかった頃は、

自家用車(軽四)に野菜を積んで運んでいましたが、

白菜がいたんでしまわないか気になり、

冬だというのに冷房をガンガン効かせながら

ブルブル震えて運んでいました。

 

やがて、冷房付きの1.5トントラックを

運転してたくさんの卸先を回るようになりました。

私は背中に野菜を背負って、生産者さんの

夢と希望を積んでただひたすら走りました。

  

あの対面販売の日々は、私の糧です。

 

なぜかというと、お客さまと直接お話ができるからです。

お客さまがどんなものを望んでいるのか分かるし、

逆にお客様に生産者がどういう思いでどんな野菜を

作っているのかをお伝えすることができます。 

 

私はお客様の顔と名前、嗜好はわかりました。

そこそこ上手に野菜の説明をするので、

顔を覚えてもらって固定客もつきました。

でも、野菜には完全に負けてました。

 

だって、野菜はお客様の家にまで連れて帰ってもらって、

美味しい料理になって食卓に並べてもらって、

お口の中に飛び込み、お腹の中にまで入っていき、

その人の体の一部にまでなるからです。

  

すごいミラクル!

 

野菜こそ我々生産者を代表する

体を張った飛び込み営業マンだな、

 

すげーなと思ったものです。

    

口にしてもらえる。

なんてこった!

 

人は、悪いものは近づけたくありません。

気に入ったから、お近づきにさせてくれるわけで。

 

この時に、生産者として

お客様の口に入っても安心で

質の良いものを作らないといけないと

肝に命じました。

 

人を良くすると書いて「食」です。

まさしく。

 

人間の体は食べ物で出てきています。

食べ物は人間の土台です。

 

家は収入も大してなく、労働も評価されません。

政治家やお医者さんのように

リスペクトされることもありません。

田舎者には教養すらないと

思われているかもしれません。

 

地味で、寡黙な生き物ですからね。

 

でも、考えようによっては、

お客様の腹の中まで「旅する野菜」って

すごくないですか?

 

そして一体化して、その人の使命を全うする。

 

それを作ってる生産者ももしかしたら

すごいことをしてるんじゃないかなって

私は思ってるんです。

(関連記事:https://www.facebook.com/tacaquito/posts/2287286347971181

   

というか、本当は自分自身が

あなたの腹の中まで旅したいくらいですよ。

表現が、気持ち悪りぃですね…。

  

安心安全ないいお野菜のように、

私のことを好きになってもらって

あなたに腹を割ってもらって、

私もあなたの人生に関わる許可をもらいたい

というような意味の比喩です。

 

それができないので、

代わりに自分が作った野菜が旅します。

あなたの元へ。

それはそれで、面白いことです。

 

このニンニクがきっかけで

あなたともお知り合いになれたわけですから。

うれしいです。

ありがとうございます。

 

忘れないうちに、ちょっとPRしておくと、

私は中国山地で「ぼすけりこ園」をやってます。

https://www.facebook.com/bosquerico

で「いいね!」を押しといてください。

これからも有益な情報をお届けしたいと思ってますんで。

  

さて、ニンニクもニンニクで

かつてどこからか旅をしてやってきて、

今、ここで育っています。

 

どこが起源なんでしょうね?

実ははっきりしたことは

分かっていないようなのです。

 

ニンニクはエジプト起源か〜MF407(旅するニンニク)【1日3分! 自宅でマイクロ農業】 


エジプトだという人もいれば、

メソポタミアじゃないかという人もいるし、

中央アジアが原産地じゃないかという説もあります。

 

紀元前1550年頃のエジプトの古文書にはすでに

ニンニク利用法が書かれているそうですし、

ピラミッド建設の労働者に配給されていました。

疲労回復のビタミンB1が豊富だからですかね?

 

ツタンカーメンの墓からは

6個のニンニクが発見されています。

へぇ~。

   

たまたまですけどニンニクを切り口に、

世界史を紐解くっていうのも興味をそそられますし、

エジプトのピラミッドの中にまで

意識が入っていけちゃいそうな

バーチャルリアリティの旅もオツです。

 

ちなみに、日本における最古の記述は

平安時代の「本草和名(918年)」です。

あの源氏物語に「極熱の薬草」として登場しています。

 

植物には足がないのに、

こうやって世界を旅して回っている!

 

おー、ワンダフル!

って思っちゃいました。

 

少々旅にかけている時間軸は、

人間時間よりも長いかもしれませんね。

 

仮に、クフ王の時代(紀元前2560年頃)から

源氏物語の時代(1008年)までを

単純計算してみると、3500年余となります。

 

このあいだのどこかの時点で、

エジプトにあったものが、

日本にまでやってきたわけで…ひょえぇ~!

 

だからもう『場も時空もかけめぐる』旅野菜!

もっとすごいことになってきました!

 

足のないニンニクに

そんなスゴ技を見せられてるわけですから

自分にだってできるはず!

と考える私はドアホなのでしょうか?

 

あなたのお腹の中まで、

そして世界中へ、意識を向けて

これからも枠にとらわれない

生き方をしていきたいと思います。 

 

どこかで見かけたら、声をかけてやってください!

 

アホなニンニク男の戯言でした。

こんなしょうもない人の話を最後まで

付き合ってくれた一人一人に心から感謝しています。

 

もし旅先で出会ったら、

お互いニンニク臭いのは確実ですが、

ガッツリ、ハグして

デジャヴを祝しましょう!

 

その時を楽しみにしています♪

   

 

ムチシマス・グラシアス

コン・アモール

たかきーと

関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/657-f06c0a59
該当の記事は見つかりませんでした。