FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

MF304(人間の根っこはどこ?)【1日3分! 自宅でマイクロ農業】

0   0

世の中には不思議なことがあります。
そういうの大好きです。
 
友人に合気道(竹内流)の師範がいます。
ちなみにモトクロスバイクの仲間(そっちも先生)です。
 
その人に教えてもらったわけじゃないのですが、
合気道ぺえぺえのヒョロヒョロの友達から
すごい技を教えてもらったんですよ。
  
なんというか、不思議な現象が起こるんですよ。
力とは全く関係なく、ただ「イメージ」するだけで、
驚くようなパワーが生まれるという神秘的な術です。
 
合気道で不思議なパワー体験 
 
飲み込みの早い私は、自分はその技を
教えられるまま、次の瞬間に
マスターしてしまいました。
 
習得できた気になって、調子に乗って、
アルゼンチンに暮らしてたとき、
みんなの前でパフォーマンスまでしてしまい、
腕の筋肉を痛めてしまったことがあります。
 
どんな技だったか?
もちろん、気になりますよね。
  
筋肉の量とかトレーニングの時間とか
まったく関係なく、あなたの内側から
パワーがこつぜんと湧き出てくるわけですから。
 
ひょろりん先生は、脇に2人配置させ
目をつぶり、仁王立ちしました。
 
先生が下にグッと力を入れて伸ばしている両腕を、
下から全力で思いっきり持ち上げろと言うので、
 
「余裕でしょ」
 
と思いながら、二人で力を合わせて
先生をグッと上にあげようとしました。
 
ところが持ち上がらないんです。
ガリガリの骨皮君なのに。
  
「え~? なんで?」
 
次に同じことを、
もっと体重がありそうな人でやってみました。
 
楽々上がります。そうですよね~。
 
だいたい、下から持ち上げられちゃったら
踏ん張りようがなくて、あれよと言う間に
体が空中に浮いてしまいます。 
 
試しに3人集めてやってみてください。
 
一番重そうな人に真ん中に立ってもらって、
その人には腕を突っ張ってもらって、
ぐっと力を入れておいてもらう。
 
でも、やってみたらわかりますけど、
女性が脇の持ち上げ役をしても、
簡単に持ち上がっちゃいます、多分。
 
なんで、ヤツは平然とした顔で
「上がらないでしょ、不思議でしょ?」
って言ってのけるんだ?
一体、どんな力がそこに働いてるんだ?
 
不思議でしょうがありませんから、
もちろん、その技を自分にも
教えてくれとせがみました。
 
ひょろりん先生がその不思議な技の
種あかしをしてくれたんですが、
はっきり言って種あかしになってません。
 
理屈が崩壊しているというか、
理論で納得いくものではありませんでした。
 
「自分の足に根っこが生えていて
 その根が地球の中心までつながってるとイメージして、
 心を穏やかに立っているだけですよ。」
  
しかし、半信半疑ながら、
合気道って一体なんていうスポーツなんだと
多少いぶかしがりながら、
言われたようにすると、
  
体重わずか45kgしかない自分でさえも、
大の男が隣で持ち上げようとしても
持ち上がらないんですよ!
 
(調子にのってこの技を披露してしまった
 アルゼンチンでは体格のいいアメリカ女子に
 私は軽々と持ち上げられてしまい、
 日本人男子の面子が丸つぶれでした。)
 
今からもう20年くらいも、前の話です。
 
あのときは、理解できなかったのですが
今は、大地に根を下ろす大切さが
おぼろげながらも何となく認識できるように
なったというか。
 
ゴム底の靴は残念、大地とアースできません 
 
あなたの履いている靴、素材は何ですか?
突然話題が変わったように
聞こえるかもしれませんけど
関係オオアリクイなんで、
もうちょっと聞いてください。
 
もしゴム系なら要注意!
 
大地のエネルギーとコンタクトできてません。
ゴムは絶縁体なので、電気を通さないためです。
 
電気製品に囲まれた私たちの体は、
日々荷電しています。
裸足で大地と接触していた昔は
問題なかったのですが、
 
家の構造も木造から鉄筋コンクリートに変わったり、
土の道路もアスファルトに変わってしまったり、
環境が大きく変化しました。
 
なので、時々体の電気を大地に逃がすために
グラウンディング(アーシング)しましょう
という話も聞いたことがあると思います。
 
根っこがブチ切れたニンニクは育ちません。
根っこは大地と体をつなぐ重要な役割を担っています。
 
人間も同じです。
 
自然をよく観察していると、
そんな当たり前のことを思い出させてくれます。
 
ところで、
 
人間には足の下に根っこなど生えていません。
実は、人間の根っこは別のところに生えています。
 
さて、人間の本当の「根っこ」って
どこにあるかご存知ですか?
 
人の「腸」は木の根っこ=大地のエネルギーを吸収する驚異の臓器 
 
正解をご存知の方は、メールをくださいね。
当てずっぽうでもいいので「ここでは?」
と思われた方も、
とりあえずメールを送ってみてください。
  
inakaoyako@gmail.comまで。
 
反応があったら、この続きを書こうと思います。
なければ、自分本位のテーマ選びをして
あなたを嫌な気持ちにさせている可能性があります。
 
この話題は、速攻ストップして、 
あなたが興味をもってそうな
別のテーマを引っ張ってきます!
  
パタゴニアの語源は「ぱたごん(足が大きい)」 
 
【ミニスペイン語タイム】
大地=ティエラ 
 
アルゼンチンの果てに
ティエラ・デル・フエゴという場所があります。

マゼランだったかな?
あの大航海時代の人たちが見つけました。
大地から火が燃えているように見えたということです。
 
国立公園になっていたと思います。
一度行ったことがあるんですが、
そこからペンギンを見に行きました。
 
白い島が見えてきました。 
あーペンギンさんの大群、
図鑑通りだ、かわいいなーって船の中で
みんなで歓声をあげて、カメラをパシャパシャ。
 
ところが、近づくと、
ものすごい「異臭」でした。
 
白いと思ったのは、排泄物の山。
鳥の尿(白黒の糞の白いのが尿)でした。
 
当時の宣教師たちは、
ティエラ・デル・フエゴには
足の大きな巨人が住んでいると報告しています。
 
足=パタ
足が大きい=パタゴン
 
これがアルゼンチンの南部一帯を指す
「パタゴニア」の由来と言われています。
面白いですね!
 
スペイン語で「根っこ」=ライス
由来、出処っていう意味でもあるんですよ。
 
さあ、私たちのライスはどこ?
「人間の根っこがどこにあるか」問題
ここじゃないかメールお待ちしています。
 
たかきーと
inakaoyako@gmail.com まで
 

過去記事でつたないですが…

関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/644-5503628c
該当の記事は見つかりませんでした。