FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

MF207(工夫して突破!)【1日3分! 自宅でマイクロ農業】

0   0

霜月の立冬次候の「地始凍(ちはじめてこおる)」大霜の朝でした 
おはようございます。
しびれる朝です。大霜でした。
 
霜が降りたらとても美しい
 
今日(11/16)は、24節気72候でいうと、
霜月の立冬 次候の「地始凍(ちはじめてこおる)」の最後の日。
ここ新庄村はまさに暦通りに動いています。 
 
ちなみに明日17日から、末候「金盞香(きんせんかさく)」へ
季節は移り変わっていきます。
 
朝晩冷え込みますが、風邪などひかぬよう、
しっかりと押してください!!
 
今日は失敗が続いていた黒ニンニクが成功した
というめでたい話題です。
 
黒ニンニク失敗からの復活劇 
 
よく引き合いに出されるのが、発明王のエジソン。
1万回目の実験でようやく電球を作ることに
成功したという伝説があります。
つまり9999回失敗したわけです。
 
そんなエジソンが言い放ったのが
 
「私は9999通りのうまくいかない方法を発明した!」
 
正しい言葉尻はちょっと覚えてないんですけど、
そんなような意味の言葉を残しています。
 
エジソンがすごいのは、
9999種類のアプローチを試みたこと。 
 
うまくいかない時には、
「どうしたらうまくいくだろうか?」
その可能性を打ちまくるといいです。
 
ただむやみにそれをやっても、
わたしたちが生きる今は、
エジソンの時代のように
時間がゆっくり流れていませんから
 
こうするんです。
 
答えを知っている人に聞く。
絶対答えが出てきます。
 
じゃあ、誰が「解」を持っているか?
自分は分からないわけですから、
自分に聞いてはいけません。
 
答えを持っている人にズバリ聞く!
それはあなたが向き合っている
「相手」「もの」です。
 
炊飯器で黒ニンニク作成中(臭うので野外で!) 

自分の場合、
炊飯器で黒ニンニク作りに挑戦しました。
炊飯器に入れて保温して2週間置いておくだけ。
簡単で誰にでもできるという話でした。
 
ところが見事に失敗。
カッチカチに硬いニンニクができました。
歯が折れそうなくらいな代物でした。
 
困ってしまって、畑にそれを持って行き
花咲か爺さんさながら
カチンコチンのニンニクを
パラパラと捨てていたんです。
  
すると…
ニンニクから「おい、こら! アホ捨てんな!」
っていう声がしたような気がして、
 
「そうか、まあ捨てんでもいいか。
 醤油につけようか…」
 
ってところまでは工夫したんです。
  
それでも「あ、待てよ!」と気がついて
炊飯器にある仕掛けをしたところ、
見事復活。この工夫(発見)をし損ねてたら
もう少しで大量のニンニクを大損してました。
 
復活劇のその証拠と秘策をお見せします!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
▼黒ニンニク復活させた知恵
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
ニンニクや炊飯器には口がないじゃないか?
(会話ができない、答えを聞けない)
 
まあ、そうですね。
 
心を通わせるしかないかもです。
それにいちばんいいのは、
寄り添って、
よく観察することかもしれません。
 
すると、答えが降りてきて
「ハッ!」とします。
 
もしニンニクや炊飯器に口があって
聞いてもないのに
ペラペラ答えをしゃべりだしたら、
逆に面白くないですよね? 
 
いかにも私自身が発見したかのように
思わせてくれるっていう
仕掛け・演出がイキです。
 
 
たかきーと
 
10個のニンニクからはじめよう(たかきーと)ドットアート 
 
PS
失敗はスペイン語で「フラカソ」
 
地元にそういう名前のレストランがあって、
なんでそんな名前をつけたんだろうって
ずっといぶかしがってたんですが、
やっぱりすぐにつぶれてしまいました。
 
成功は「エキシトéxito」 
エグジット(exit:英語で出口)となんか似てますね!  
 
 
========================== 
【1日3分! 自宅でマイクロ農業】
バックナンバー(過去配信記事/写真付)は
1日遅れで、以下URLから確認できます
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/640-920a19aa
該当の記事は見つかりませんでした。