FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

MF205(ニンニクからギバーライフ<愛されるヒケツ>)【1日3分! 自宅でマイクロ農業】

0   0

たかきーとです。
あなたは『愛され上手』ですか?
 
ペットや子どもに好かれる人は
素質があると見ていいと思います。 
 
私はペットは好きじゃないので、
まずなつかれません。
 
が、昔から子どもにはよく好かれます。
 
じゃあ、愛され上手かというと
そこは微妙でして、もしかすると
ただ単に視線が子どもと同じ高さ(150cm)
というだけの問題かと思われます。
 
愛され上手な友人がいて、うらやましいです。
  
彼の周りにはいつも人だかりができています。
バーをやってるのですが、流行っています。
 
彼に一目会うために、
彼とおしゃべりするために、
彼の作る料理を食べるために
彼の醸し出すお店の雰囲気に酔うために…
 
次から次へと人がやってきては集い、
楽しい輪がとぎれることがありません。
 
彼自身も休みの日には外に出かけ、
人の輪の中にどんどん入っていくので
彼が投稿しているfacebookの写真には
いつもたくさんの仲間が写っています。 
 
彼曰く「オレは人たらし」だそうです。
 
愛されキャラの人たらし
私の人生後半50年の目標です。
 
 
- - - -
「なぜ愛されるのか?」
- - - -
  
それは「ギバー(与える人)」だからです。
 
誰しも人それぞれのニーズがあって、
心底欲しがってるものを与えられると
心が激しく揺さぶられます。
 
パブロフの犬じゃないですけど、
欲しいものをくれるギバーさんを見たら
よだれを垂らしてついていきます。
 
聖書の言葉に…
(また出た! 元宣教師のうんちく話に注意)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。
押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、
ふところに入れてもらえる。
あなたがたは自分の量る秤で量り返されるからである。
(ルカ 6:38)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ギバーの法則がバッチリと書かれています。
 
「与えるものは、(さらに)与えられる」 
 
与えると一見損しているようですが、
時間軸をずらしてみると、結局得します。
 
仮に今あなたに100万円あげると、
もっと増えてたとえば1000万になって
戻ってくるってことがわかってたら、
誰でも今すぐ100万円差し出すと思います。
 
でも、この「さらに与えられる」法則を
知らない多くの人は今だけしか見ていません。
そして、不安のほうが先に立って出し渋ってしまい、
結局、本来「得られるもの」を受け取り損ねます。
 
あなたが聖書やイエス・キリストが嫌いだとしても、
この法則だけは覚えて活用したほうがいい
かなりコアな『宇宙の原理原則』だと思います。
  
- - - -
天性の略奪者?
- - - -
 
実はここにきて、私は悩んでいます。
 
というのは、
もらってばかりだからです。
与えてない…。
  
少しへこみます。
テイカー(略奪者。)なんとえげつない響き!
 
もらうばかり、テイクするばかりの人生。
やばいです。
 
愛され下手な所以かもしれません。
 
今までも、長かった海外生活で 
知り合いの家に無賃宿泊しまくって
ただ飯を喰らい、
宿代と食費を浮かしてきました。
 
ジモティの顔パス制度を利用して、
有料施設にタダでしのばせてもらうこと度々。
一緒に紛れ込んで、ジャングル縦走キャンプに
なぜか参加していたこともあります。
  
ときどきまっとうな旅行をすることもありましたが、
それも誰かのお金で行っていました。
 
政府の補助金でバングラディッシュや
ネパールに視察研修に行ったり、
 
父の研究に付き合って、
ペルー、メキシコ、スペインの遺跡を
通訳ガイドとして回ったこともあります。
 
ペルーの飛行機にマチュピチュのイラスト 
 
このときにあの有名な
「マチュピチュ」「ナスカの地上絵」
「ツェツェンイツァ」「テオティワカン」
を見て回りました。
 
========================== 
関連記事
「ナスカの地上絵」上空をセスナで飛べ! 
ミステリー解決★メタ思考の訓練フィールド、意識が宇宙とつながる場所【南米が熱い!】
========================== 
 
岡山市と姉妹都市縁組を結んでいる
コスタリカのサンホセ視察(40周年時)にも
通訳他サポートとして特別な待遇で参加できました。
(コスタリカ交流協会事務局長をしています)
一般参加者は50万円ほど払っていました。
 
付き合っていた人が出してくれて
普通の人がいけない地球の果てまで
豪華パタゴニア旅行をしたこともあります。
 
各地では、生ハムをたらふくご馳走になったり
とれたてのハチミツを特別になめさせてもらったり、
牛革のベッドを借りて天の川を仰ぎながら寝落ちしたり、
現地でマテを一緒に回し飲みしたり、
一人で行けない場所をガイドしてもらったり、
お土産を買ってもらったり。。
  
アルゼンチンで宣教師をしていた頃は、
教会建設費用にといって、
200万円ポンといただいたこともあります。
  
一緒に働いていた牧師の月給に換算すると、
133倍、10年分になりました。
結局関係性が悪化して、私は退くことになりました。
 
アルゼンチンと日本を何往復もしていたので、
特別常連待遇を受けていました。
よれよれのボロジーンズ姿のバックパッカー風が
ビジネスクラスの座席に連れて行かれて
陶器の食器で出される機内食を満喫しました。
 
マイルが勝手に溜まるので、
そのマイルで北海道やグアムやパラオへ出かけました。
タダで高級リゾートホテルに泊まり、
南の海でダイビング三昧の日々は気分がいいです。 
 
ナポレオンフィッシュやウミガメが
目の前の真っ青なブルーの大海を
ゆうゆうと横切って行きました。
  
そういえば、最近も軽トラが壊れて困っていたら
知り合いの親方が軽トラ(ダンプカー)を
無料で譲ってくださいました。
 
タダで譲ってもらった軽トラ(究極テイカー/ギバーライフ) 
(この薪ももらいものです。
 五右衛門風呂を沸かす燃料です!)

小さいことかもしれませんが、
昨日はなめこの植菌用のホダ木(貴重なサクラ)を
十分すぎるほど分けてもらいました。
 
なめこの植菌用のホダ木の交換条件は… 

おまけに晩御飯までご馳走になって
片付けもせず、新聞を読んでくつろぎ
夜が更けたころ、ようやく家路につきました。
 
先ほどは、お客様から
『近江牛』を送ってくださるという
連絡をもらいました。
 
もらいすぎでしょ!
アンバランスです。
やばいよ!
 
どうやら私は天性的に『テイカー』の資質があるようです。
周りにいるみなさんも気をつけて下さい。
いろいろ、あげたくなっちゃうかもしれません。
 
 
- - - -
究極ギバーになる!
- - - -
 
こんな私が最近意識しているのが、
テイカーの真逆「ギバー」です。
アラフィフの誕生日には
「究極ギバー宣言」もしました。

 
与える、与える、与える
 
与えると、与えられる。ようになります。
つまり「人生がうまく回る」「成功する」そうなんです。
 
ラッキーなことに、
日本人の多くはギバーさんらしいです。
  
たしかに、日本人のおもてなしの心すごいです。
日本に旅行した外国人からは、正直迷惑すぎるほど
丁重に歓迎されたと昔話をしてくれました。
  
泊まっていけということになり、
スケジュール変更をよぎなくされて困ったとのことでした。
  
そうですねぇ、困っている人がいたら日本人なら
「てやんでぇ」「べらんめぇ」で、寅さんさながら
勝手に体が動いてしまいます。 
 
恩だとか義理人情だとかに、アツい国ですよね。
 
だけど、ギバーさんは根っからの人の良さが祟って
奪われたり、悪用・濫用されてしまうことが多くて、
「与える」という自身のギバー気質が仇に感じられ
出し惜しみするようになるそうです。
 
実はギバーさんの8割は「残念なギバー」さん。
自分が「受け取る」ことを敬遠します。
自分自身に「与える」こと
↑ 
ここができているかが一番大切なのに、
自分が相手から「いただく(与えられる)」ことは
かたくなに拒否して「与え損」だけしているというのです。
 
意識して「テイカー」になってみてください。
ギバーのあなたなら、テイカーするくらいで
バランスがちょうどいいくらいです。
 
逆に真性テイカーの人は、
私のようにギバーを意識してみると…
 
バランスがよくなります。
 
「究極ギバー」=「究極テイカー」なんで
結局、目指すところは同じです。
ギバーとテイカーの両方の資質をTPOに合わせて
意識して自由自在に操れるようになれたらクールです。
  
ちなみに、自然界を見てみると…
「究極ギバー/究極テイカー」の世界になっています。
 
どういうことか?
たとえば、大地からミネラルや栄養分を
テイカーしたジャガイモが実をつけ、
その実は人間やイノシシの口に入ります。
テイクしてギブアウト。
 
では与えられて(ギブンされて)いるものは?
 
昔だったら「肥え」としてジャガイモ畑に
返っていたのだと思いますが、
 
今は人間の食べ物が悪くなって、
畑に入れると逆に害が大きいということで、
それはなし。。
 
とすれば、感謝されることですかね?
 
「ジャガイモさん、ありがとう。」
 
存在を感謝される。
 
これこそ、この世に使命を帯びて
生きていることの真のあり方なのだと思います。
  
と、前置きはこの辺にして、結論です。
  
 
- - - -
ニンニクからギブの始まり!
- - - -
 
ニンニクからギブのバトンを受けたあなた
大地のエネルギーや栄養素をテイクした私たちは
次に何をしたらいいでしょう?
 
ギブしてみてください。
あなたが考え付く何かで。
 
あなたが健康になることも1つです。
ニンニク栽培の面白さを伝えることで
誰かにニンニクの存在価値が広まることも1つです。
できたニンニクを誰かにお福分けするのも1つ。
自作ニンニク料理を誰かに
振る舞うっていうのもいいですね。
 
1粒の種からまたたくさんの種を育てることは
一見テイクのようですが、将来的な視点からいくと
ギブになると思います。
 
できたら、ニンニクからどんなストーリーが始まったか
シェアしていただけると嬉しいです。
 
そうそう、ニンニクの芽が出たよという
写真やメッセージも送ってくれる仲間がいます。
そういうの、正直とても嬉しいです。
 
誰かの役に立ったんだなって
自分に伝えてあげることができるので。
そして、それをまたアウトプットすることで、
誰かの学びや刺激になるかもしれませんし。
 
 
自宅でマイクロ農業「10個のニンニクからはじめよう!」キットの中身です 
こちらのフォームをご利用ください。
 
 
「ところで『与える』と本当にいいことがあるの?」
 
疑心暗鬼な方もいるかもしれませんね。
 
「マイクロ農業にどう関係するのか、
 いまひとつ繋がらない…」
「今日のメールはなんだったんだ?」
 
と首をかしげている方もいるかもしれません。
   
ギブ・ギブンの麗しい関係について 
後日引き続き
解き明かしていきたいと思います。
 
  
(続く…)
 
PS
与えるのは「ダル」い?
ダルダルでちょうどいいんです。。
(dar=スペイン語で「与える」)
  
たかきーと 
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/637-aa4f7a96
該当の記事は見つかりませんでした。