FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

クマムシも見れるよ! 樹木医のまっさんと苔のテラリウムを作るイベント(11/24)

0   0

念願のクマムシ見つけた!
動画に撮れた(まあ、映像はそんなにクリアではないけど…)
 
 
 
クマムシってさぁ、地球上最強って話だけど、
水の中で溺れてる? 大丈夫なんかな? ちょっと心配…
 
今までずっと肉眼で探してたけど、
見つからんはずだ。こりゃ無理だわ。
この映像で、顕微鏡で150倍。
0.1mmっていうけど、見えんよー。
 
30倍のルーペでも見えませんでした…。
 
昨日、この苔ならいるかもと目星をつけて
採取してきたのが『銀ゴケ』
 
他にも数種類持ち帰ってきたのですが、
とりあえず今日の観察用にと、
乾燥していた銀ゴケをガラスのコップに入れて
少し水を入れてつけておきました。
 
自宅周辺の苔を採取(クマムシ出るかな?)
 
銀ゴケを一晩水に浸けておきました(クマムシの眠りを覚ます) 
 
そして今朝、銀ゴケを観察してみると
一発目から大当たり〜!
 
顕微鏡を引っ張り出してきてクマムシの観察会@自宅 
 
クマムシとらえた!  
 
というか、どこにでもいるそうですね。
銀ゴケの中には結構たくさん入ってました。
 
クマムシは苔の鱗片の中によく見られました(もぞもぞしているので分かる)

大学時代(理科教育)の実習を思い出しました。
完全に『ゾーン』に入って丸半日潰れました。
好きなんだなぁ〜サイエンスが…。
 
まあ今日は雨、
百姓ですから『晴耕雨科学』ということで、
自分に言い訳しています。
  
ちょっとだけシイタケを収穫して、
ブルーベリーを植えて、
サルナシを剪定しました。
  
しかし、
 
自分も自分の執着心に半ば呆れました。
子どもの頃、遊びに熱中しすぎて
あたりがすっかり暗くなっていることに
気づかないっていうことがありましたが、
 
まさに、あんな感じでした。
ゾーンに入ると恐ろしいです。
   
自分の執着心と熱中ぶりに半ば呆れました。
  
あまりにも顕微鏡を必死で覗きすぎて、
夫婦二人で目に顕微鏡跡がしっかりついて
お互い見合って笑いました。
 
クマムシと苔を見ていて思ったのですが、
クマムシと苔って似ている…。
 
クマムシは乾燥すると、
休眠状態(乾眠・クリプトビオシス)し、
水分を得るとまた活動することが知られています。
 
クマムシの休眠状態(乾眠・クリプトビオシス)かな? 
 
苔もそうなんだって!
知らんかったけど…。
 
教えてくれたのは樹木医の友人まっさん。
 
だから、同じじゃん!
って思いました、今朝。
 
今度まっさんを講師に『ぼすけりこ』を会場に
『苔のテラリウム作り』をやるんですけど、
 
樹木医まっさんと苔のテラリウム作りワークショップ(ボスケリコのランチつき) 
 
このテラリウムは、今まで苔を閉じ込めて
閉鎖空間の中に生態系の無限ループを
出現させるんだと理解してたけど、
認識が甘かったよ…。
  
水分と酸素が適度に循環していて
そこで苔が成長し続けるという
(生態系サイクルが成り立つ)
テラリウムそのものもすごいんだけど、
  
その苔の中には、
肉眼では見えてないいろんな生命体がいた。
  
それらもひっくるめて
テラリウムなんだなー。
  
まっさんと「苔テラリウム作りワークショップ2017」 
 
去年まっさんと作ったテラリウムが、
今も元気でトイレに飾ってあります。
知らずして、クマムシも入ってた
(飼ってた・鑑賞してた・共存してた)わけですね!
 
なんかスゲェな。
 
人間って無知で呑気…
 
身近なものに興味を持って熱中すると、
世界がすごく広がります。
 
岩の上にも3年。
転がる岩には『苔』生さず。
 
玉骨はたとえ南山の『苔』に埋るとも、
魂魄は常に北闕の天を望んと思ふ(後醍醐天皇)
  
上の言葉は後醍醐天皇の遺言だそうです。
 
簡単に言うと「死んでもあきらめない、絶対!」
っていう執念、情熱、信念という意味だそうです。
 
枯れても、耐え、また蘇る
クマムシや苔のような
強いマインドをもっていた
後醍醐天皇の使命感を真似たいと思います。
  
ちなみに、今回苔のテラリウム作りで
苔を採取する新庄村という場所は
その『後醍醐天皇』ゆかりの地なんですよ!
 
隠岐に流された時に、
新庄村の出雲街道を通って行ったという
言い伝えが残っています。
 
後醍醐天皇は流刑されながらも
隠岐を脱出して吉野へ戻りましたから、
クマムシが「クリプトビオシス」から
目覚めるのとなんだか似てません?
 
11月24日(土)は、ぼすけりこのイベント
あ、宣伝です。
 
テラリウムの中には小宇宙(クマムシも入っているかも!) 
 
ランチをはさんで、10時から3時。
あなたが『熱中』できる環境をご用意します。
 
大山隠岐国立公園ふもとのほぼ「無音」の世界です。
  
苔で『ゾーン』体験しに、
そして後醍醐天皇の「蘇り」の追体験をしに、
さらにおうちに『苔&クマムシ』テラリウムを
お持ち帰りできます。
 
前泊も可能です。
 
興味を持たれた方は、連絡ください。
そもそもここは秘境で遠いですから、
遠方の方のために
ネット中継もしてみようかななんて
ふと思ったりしたんですけど、ニーズはないか…
 
 
PS。
お断りしておきますが
クマムシの観察会ではありません。
 
(一応クマムシのいそうな苔を前の晩から
 水に浸してご用意しておきますので
 可愛い姿を見て帰ってください!) 
 
 
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/635-c67da734
該当の記事は見つかりませんでした。