FC2ブログ

旅育パパの『五大陸留学旅行』のススメ(何用あって毎月世界へ?)

若いときには旅をせよ! 30歳まで20カ国をバックパック旅してきましたが、これからは家族で5大陸制覇しながら『旅育』に励みます。異国の自然・文化・語学を吸収して『五感』解放国際交流!(体験=神経発生天才児を作る近道です)
MENU

一粒万倍日の朗報! 1粒のニンニクが教えてくれるあなたの人生の生産性を自動化する極意「序章」【脱ファーストフード文化】

0   0

『一粒万倍日』の今日、少しだけ

種に秘められたオドロキのパワーについて
お話しさせてください。
 
1粒万倍日とは…1粒の籾から万粒の実りを
もたらすとかいう意味で、何かを始めるのに
縁起のいい日とされています。
 
百姓にとっては、種を蒔くと多収穫が見込め、
天に『選ばれし恵みの日』という意識で
縁起を担ぎ、祈りを込めて種を植える日です。
 
さてこの記事を読み終わる頃には、あなたも
たった1粒の種を植えて毎日愛でたくなります。
 
そこから学ぶこと…植物の「生きる」戦略と
崇高にデザインされた完璧なシステム。
   
1粒から万の実りを確実にもたらす知恵です。
それも「自動的に」実り(生産性・結果)を
約束してくれる自然界の法則を理解します。
 
賢いあなたなら、今まで人生計画において
いかに自然界の法則を無視して
無駄な苦労を重ねていたかをすぐに了解して、
ただちに修正をかけられると思います。
 
ところで、先日25日私は45歳の誕生日でした。
アラフィフです。おお、ついに約半世紀生きた!
 
感慨深いです。今までいろんな方から助けられて
ようやくここまでたどり着きました。
恩返しの意味も込めて「究極ギバー宣言」もしました。
  
 
誕生日に収穫した「水くぐり大豆(固定種)」一粒万倍日の報告 
ちょっと誕生日に収穫した「水くぐり大豆(固定種)」
の写真(上)を見てください。
 
1粒からこれだけ増えるって、種はすごい!
(それを育む大地もすごい! 
 タダでもらった種から食を得た私もえらい!)
 
ちょうど1年前、44歳の誕生日の日、
私はまだうだつがあがらない情けないおっさんでした。
 
(昨年の誕生日のときのfacebookリンクなんですが、
 記事によると44歳の誕生日は1粒万倍日だったようです。) 
 
で、見るにみかねた人生の大先輩(90代)が、
「マメに働く人生になるように!」
と『神武以来』自家採種しているという
特別な豆(カゲ小豆)を「プレゼント」してくれました。
   
私は歴史に疎いので、知らなかったのですが
神武といえば、日本の初代天皇ではありませんか!
 
もちろん、そんな太古の昔に、そのおばあちゃんは
生きてないわけですが、彼女なりのジョークです。
そういえば、しわくちゃな顔で金歯をキラッと
光らせて、カカカと笑っていました。元気な方!
 
それでも、お嫁に来てからずっと(70年以上)
自家採種しているというのは、敬服でしかありません。 
 
畑に植えたら放っておいても勝手に育ってくれて
かつ、ぜんざいにしたら小豆よりも美味しいという…。
  
全然、マメに世話せんでも作れるじゃんと
心では声に出さずにツッコミを入れてました。
 
「そんなみやすいな豆なら、
 ズボラな自分にも育てられるんじゃないか?」
 
「こんな豆すら育てられんかったら、
 農業はきっぱりすっぱり諦めて
 方向転換したほうがよかろう…。」
 
と思われました。
 
そして6月に撒くようにと言われて、
手の中に100粒ちょっと分けてもらいました。
 
忘れていたわけではないのですが、
もらった豆の『種』が何処かに行って行方不明で
それを探し出してくるのに手間取り、
結局ほとんど7月になってようやく植えられました。
 
私が住んでいるところは標高650mと少し寒いので、
遅まきがアダにならないかと少し心配されました。
 
それでも 
ちゃんとできました! 
  
おばあちゃんの見るに見かねた
祈りがちゃんと込められていたようです!
 
それか、怠惰な私を嘆く妻の悲痛の叫びが
天に聞き届けられたのかもしれません…。
 
一粒万倍日にもらったカゲ小豆を無事に収穫しました2018 
写真は今年収穫した「カゲ小豆」です。
 
100粒が、まだ万倍にこそなってませんが…。
1000粒は堅いです。確実に10倍には増えています。
 
下手な投資よりも利回りがいいことは
間違いないと言えそうです。
 
さて、ここからが本題なのですが…
長くなったので続きは明日に。  

関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://xagent777.blog.fc2.com/tb.php/617-f5d06be9
該当の記事は見つかりませんでした。